メンタルトレーニングの現場から最新情報

企業メンタルご担当者様向け情報「性格改善支援を行う事が、うつ、メンタル不調再発を止める」

★私とご縁あるハートフルデイズ代表・佐々木貴則さんをご紹介します!

 佐々木さんは、アセスメントでは業界トップの実績を持っていた某大手教育企業におられた方で、私はこの企業とは20年以上のお付き合いがありました。企業の人材教育面を強化し、有能な人材登用をしていきたい企業様に佐々木様をご紹介しますので、ご興味ある方は弊社にお問い合わせください。

 ハートフルデイズの3つの特徴は、

 1.職場環境の改善を目的とした教育研修の実施。

 2.年間100人以上の新任管理職と面談している講師陣。

 3.人の将来の能力を視る人事アセスメント会社を3社ご紹介可能。

★重版決定! 山本潤一のメンタルヘルス新刊本。皆さま、ありがとうございまます。↓

 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」 著者・山本潤一 出版社・秀和システム

リーマンショックのあおりで、仕事をすべて失い、そのショックからうつ状態になった私が復活できた、誰もができるセルフセラピーテクニックを解説!

アマゾンで購入可能。

楽天ブックスはこちら。

★7/27(木) 14時~16時。東京商工会議所(北支部)主催セミナーで山本が講演します(申し訳ありませせんが、すでに、満席になってしまいました)。

テーマ→「ストレスを上手にコントロールして売上を上げる。経営視点のメンタル対策」

★20年のお付き合いがある超ベストセラー作家・本田健さんが、彼が今やっているネットラジオ番組(ポッドキャスト)「Dear Ken」で、私の新刊本「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」を紹介してくださいました。ご興味あったら以下からお聞きいただけます。

下記URLから音源を聴いていただけます。
32分50秒〜34分20秒あたりで健が本の紹介をしています^^
「本田健 Dear Ken Vol.332」
 

*私の新刊本を読んだ、「プレジデント」というビジネス月刊誌の取材を受け,11/28発売号に掲載されました。P34に「嫉妬・スマホ・睡眠の脳科学」ということで、精神科医、脳生理学者、脳科学者などと一緒にのっています。もしよろしければご覧ください。

<以下からブログ本文>

 義務化されている政府推奨のストレスチェックではわかりませんんが、うつ、メンタル不調、高ストレスの原因は、心理学的に言うと、周りの顔色を気にしすぎる本人の性格的要因から作り出されます。

 脳科学的に言うと、脳内の感情の発電装置である、扁桃体が過剰に敏感すぎるという問題です。なぜなら、扁桃体には周りの表情に敏感に反応する「顔反応性細胞」があるからです。

 以上から、うつ、メンタル不調の人、高ストレスの人は、必ず周りの人の表顔を非常に気にする人である、と言うことが断言できます。

 これは、弊社顧問・筑波大学名誉教授が開発した独自の診断テストで測定すると明らかです。また、周りの顔色をどの程度気にしているのかは、数値化できます。

 つまり、うつ、メンタル不調、高ストレス者のリスクは、数値化できるということです。うつ、メンタル不調とは、パーソナリティの問題なのです。

 まわりの顔色を非常に気にすると、ちょとした仕事上に疑問点や悩みを周りに率直に言えなくなるのです。自分自身の都合を周りに言えないとか、または、周りに認められようとしてとことん過剰に頑張ることで燃え尽きるとか、助けてほしいと言えない、アドバイスほしいと言えない、ちょっと待ってほしいと言えない、等のことが起こり、

 仕事や悩みを一人で抱えて、結果としてダウンします。夜が眠れなくなって、心身ともに疲労困憊して、日常生活に支障をきたすようになり、病気レベルになっていくのです。

 こうなると、自分自身で自分の課題を解決するという意欲がなくなるため、そうした人にはお医者さんに行って薬をもらい、病気レベルをもとのゼロベースにもどすことをお勧めします。

 誤解のないように言うと、こういう状態であっても、自分の課題を解決するという意欲がきちんとある人は、弊社が行っている脳科学心理療法で、うつ、メンタル不調を解決する事ができます。

 そして、病気レベルがゼロベースに戻ったとします。日常生活を問題なく送れるようになったということです。しかし、ここから先は、もともと周りの顔色を非常に気にしすぎるところから、うつ、メンタル不調、高ストレスは作り出されているわけですから、この性格を改善することが根本解決になるのです。

 この性格改善支援を行っているのが、弊社が提供している脳科学心理療法です。よって性格が改善されていくと、今まで苦手だった人に対しての苦手意識が亡くなっていきますから、率直に意見を言うようになり、その結果、うつ、メンタル不調の再発はなくなっていくのです。

 いま、多くの企業では、うつ、メンタル不調の再発が止められないと言う問題が起きています。これは、弊社的に言うと、性格改善支援が行われていないのだと思います。性格改善には、感情の発電装置である扁桃体の過敏な反応を止める必要があるのです。

 休職して、薬飲んで、図書館通ってだけでは周りの顔色を気にする性格は変わりませんから、職場に復帰してもまた再発するのです。費用、周りの手間、生産性を考えると、根本対策をしないでいると、非常に損失が大きいと思いませんか?

 そういう意味では、経営者やメンタル担当者が、自発的にメンタルを考えることができる、と言うことが重要です。お医者さんに丸投げしている企業をよく見かけますが、それではうまくいかないでしょう。

 お医者さんが悪いと言っているのではなく、お医者さんはそもそも病気を治す人であって、性格改善をする人ではないのです。周りの顔色を気にするということは、病気だと思いますか? 薬で解決できる問題だと思いますか?

 よって、メンタルの専門家がそれぞれ何をする人であるかを良く見極め、使い分けることが重要だと弊社では考えています。

 こういったことを自律的に判断することができるメンタル担当者がいる企業は、うつ、メンタル不調の対策がうまくいくのです。

 弊社が某上場企業で、うつ休職者の再発が3年半0%と言う結果に貢献したのは、私たちの力だけではなく、自律的に判断することができる担当者がその企業にいた、と言うことなのです。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 うつ、メンタル不調者の改善、ストレスチェック後の対策などに関心ある方は、

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社が行っている心理療法は、厚労省のンタルへルスHP「こころの耳」では、ヘルスカウンセリングと紹介され、数ある心理療法の中で、唯一”メンタルヘルスカウンセリングを行うカウンセリング”と書かれているものです。

 ストレス科学に基づく「社員のあるがままの自分を生かす働き方を引き出す、面談、ラインケアスキル、セルフケアスキル習得教育、個人カウンセリング、、またはヘルスカウンセラー育成教育、に関心持っていただける方は、以下からお問い合わせください。

既存のメンタル対策と組み合わせ、某上場企業では3年半、初回うつ休職者の再発0%の結果に貢献しました。

詳しく知りたい方は、下記お問合せフォームから資料請求をどうぞ。

2017/07/26

企業メンタルご担当者様向け情報「FMラジオに出演しました。音声視聴可。うつの原因と対策(約40分)」

★重版決定! 山本潤一のメンタルヘルス新刊本。皆さま、ありがとうございまます。↓

 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」 著者・山本潤一 出版社・秀和システム

リーマンショックのあおりで、仕事をすべて失い、そのショックからうつ状態になった私が復活できた、誰もができるセルフセラピーテクニックを解説!

アマゾンで購入可能。

楽天ブックスはこちら。

★7/27(木) 14時~16時。東京商工会議所(北支部)主催セミナーで山本が講演します(申し訳ありませせんが、7/6現在、満席になってしまいました)。

テーマ→「ストレスを上手にコントロールして売上を上げる。経営視点のメンタル対策」

★20年のお付き合いがある超ベストセラー作家・本田健さんが、彼が今やっているネットラジオ番組(ポッドキャスト)「Dear Ken」で、私の新刊本「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」を紹介してくださいました。ご興味あったら以下からお聞きいただけます。

下記URLから音源を聴いていただけます。
32分50秒〜34分20秒あたりで健が本の紹介をしています^^
「本田健 Dear Ken Vol.332」
 

*私の新刊本を読んだ、「プレジデント」というビジネス月刊誌の取材を受け,11/28発売号に掲載されました。P34に「嫉妬・スマホ・睡眠の脳科学」ということで、精神科医、脳生理学者、脳科学者などと一緒にのっています。もしよろしければご覧ください。

<以下からブログ本文>

  先日、札幌に一時的に帰省した時に、地元のFMラジオ放送局・FM白石のDJ.高橋慶子さんから声をかけていただき、高橋さんの番組「慶子のあるがままに生きる」に出演させていただきました。

 この内容は、去る7/17(火)19時~、でオンエアされましたが、全国に電波が飛んでいるわけではなかったため、このたびユーチューブに音声をアップしました。

 みなさまにお聞きいただけますので、ご興味ある方はどうぞ。通勤の途中にでもお聞きになってみてください。

FM白石「うつの原因と対策 誰でもができる3つの対策法とは(約40分)

 感想、ご意見、ご質問がありましたらお気軽にお寄せください。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 うつ、メンタル不調者の改善、ストレスチェック後の対策などに関心ある方は、

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社が行っている心理療法は、厚労省のンタルへルスHP「こころの耳」では、ヘルスカウンセリングと紹介され、数ある心理療法の中で、唯一”メンタルヘルスカウンセリングを行うカウンセリング”と書かれているものです。

 健康心理学に基づく「社員のあるがままの自分を生かす働き方を引き出す、面談、ラインケアスキル、セルフケアスキル習得教育、個人カウンセリング、、またはヘルスカウンセラー育成教育、に関心持っていただける方は、以下からお問い合わせください。

既存のメンタル対策と組み合わせ、某上場企業では3年半、初回うつ休職者の再発0%の結果に貢献しました。

詳しく知りたい方は、下記お問合せフォームから資料請求をどうぞ。

2017/07/19

企業メンタルご担当者様向け情報「若手社員の先輩社員への不満アンケートを見ると、うつ、メンタル不調対策法が見えてくる」

★7/27(木) 14時~16時。東京商工会議所(北支部)主催セミナーで山本が講演します(申し訳ありませせんが、7/6現在、満席になってしまいました)。

テーマ→「ストレスを上手にコントロールして売上を上げる。経営視点のメンタル対策」

★20年のお付き合いがある超ベストセラー作家・本田健さんが、彼が今やっているネットラジオ番組(ポッドキャスト)「Dear Ken」で、私の新刊本「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」を紹介してくださいました。ご興味あったら以下からお聞きいただけます。

下記URLから音源を聴いていただけます。
32分50秒〜34分20秒あたりで健が本の紹介をしています^^
「本田健 Dear Ken Vol.332」
 

*私の新刊本を読んだ、「プレジデント」というビジネス月刊誌の取材を受け,11/28発売号に掲載されました。P34に「嫉妬・スマホ・睡眠の脳科学」ということで、精神科医、脳生理学者、脳科学者などと一緒にのっています。もしよろしければご覧ください。

★重版決定! 山本潤一のメンタルヘルス新刊本。皆さま、ありがとうございまます。↓

 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」 著者・山本潤一 出版社・秀和システム

リーマンショックのあおりで、仕事をすべて失い、そのショックからうつ状態になった私が復活できた、誰もができるセルフセラピーテクニックを解説!

アマゾンで購入可能。

楽天ブックスはこちら。

<以下からブログ本文>

 メディケア生命が調べた「若手社員の先輩社員への不満アンケート」を見ると、非常に興味深いことがわかります。出典・ITmediaビジネス

 調査数は500人です。

先輩への不満の第一位は、

「気持ちを察してくれない」です。

このことは弊社の研究的には2つの興味深いことを意味しています。

1点目は、「だからこそ、若手社員はうつ、メンタル不調になりやすい」と言う点と、

2点目は、「上司には、粘着気質遺伝子を持つ人を配置するとうまくいく」と言う点です。

説明します。

まず1点目から。

 弊社顧問・筑波大学名誉教授、宗像恒次博士の研究によると、対人依存型行動特性尺度の性格診断テストが、9点以上取るとかなりメンタルが揺らぎ始め、11点以上取ると、うつになってもおかしくないレベルである、としています。

 この対人依存型行動特性尺度とは、「察しを求める度合い」の強さを見ているのです。

 ということは、このアンケートの結果を素直に読めば、若手社員はうつ、メンタル不調い陥る度合いが非常に高い、と言うことを意味します。

なぜなら、察してほしい、わけですから。察しを求める度合いが高いわけですから。

 義務化されたストレスチェックは、ただ単にストレス蓄積度が高いか低いかを見るもので、なぜそれが起きるか、ということはあのストレスチェックを見ても、何もわかりません。と言うことは、ストレスチェック後の結果を見ても、今後何をしたらよいかはまったく判定できないでしょう。

 弊社は、ストレスチェック後に何をしたら良いのか、と真剣に考えている企業様には、次のようなご提案をするのです。

 対人存度を調べるとよいですよ。そして対人依存度の結果が出たら、何をすればよいかは、こちらのストレス科学では明確です。

 その人の依存性の高さを満たす心理訓練を行うのです。そうすると、対人依存性は低下するのです。そうすると、上司への不満は減り若手社員のメンタルは安定するのです。

2点目。

 人の性格は、親子関係と遺伝子によって決まる、という、宗像博士のDNA気質理論で行くと、人格気質に強い影響を与えているDNA遺伝子の一つに、粘着気質遺伝子と言うものがあります。

 この粘着気質遺伝子を持つと推測される人の気質的特徴を一言でいうと、「世話好き」「気持ちを察することが得意」なのです。

 つまり、若手社員には粘着気質の遺伝子を持つ上司を当てると、マネジメントが非常にうまくいく、と言うことが推測されます。

 上司がどのDNA気質を持っているかは、弊社が持つ診断テストを使えばわかります。DNA気質は、ほかに自閉気質、循環気質があります。

 自閉気質の上司は、部下の気持ちを察することが非常に下手です。循環気質の上司も自分のことばかり話すので下手です。

 役割を変えるか、または粘着気質の上司が持つ、コミュニケーションの技術を人工的に学ばせることが重要ですね。弊社ではそういうトレーニングも行っています。

 若手社員の不満は、主にこの二つの気質を持つ上司に対して言っていると推測されますね。

 こんな風に、ストレス科学の視点で分析すると、何気ないアンケート結果を見て、若手社員をうつ、メンタル不調を予防したり、離職率低下させたり、モティベーションを上げたりする対策法は、科学的に見えてくるのです。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 うつ、メンタル不調者の改善、ストレスチェック後の対策などに関心ある方は、

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社が行っている心理療法は、厚労省のンタルへルスHP「こころの耳」では、ヘルスカウンセリングと紹介され、数ある心理療法の中で、唯一”メンタルヘルスカウンセリングを行うカウンセリング”と書かれているものです。

 健康心理学に基づく「社員のあるがままの自分を生かす働き方を引き出す、面談、ラインケアスキル、セルフケアスキル習得教育、個人カウンセリング、、またはヘルスカウンセラー育成教育、に関心持っていただける方は、以下からお問い合わせください。

既存のメンタル対策と組み合わせ、某上場企業では3年半、初回うつ休職者の再発0%の結果に貢献しました。

詳しく知りたい方は、下記お問合せフォームから資料請求をどうぞ。

2017/07/11

企業メンタルご担当者様向け情報「<脳科学セラピー体験会のおしらせ>7/13 AM10時半~。新宿にて体験セラピー会開催(参加枠1名)」

★7/27(木) 14時~16時。東京商工会議所(北支部)主催セミナーで山本が講演します(申し訳ありませせんが、7/6現在、満席になってしまいました)。

テーマ→「ストレスを上手にコントロールして売上を上げる。経営視点のメンタル対策」

★20年のお付き合いがある超ベストセラー作家・本田健さんが、彼が今やっているネットラジオ番組(ポッドキャスト)「Dear Ken」で、私の新刊本「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」を紹介してくださいました。ご興味あったら以下からお聞きいただけます。

下記URLから音源を聴いていただけます。
32分50秒〜34分20秒あたりで健が本の紹介をしています^^
「本田健 Dear Ken Vol.332」
 

*私の新刊本を読んだ、「プレジデント」というビジネス月刊誌の取材を受け,11/28発売号に掲載されました。P34に「嫉妬・スマホ・睡眠の脳科学」ということで、精神科医、脳生理学者、脳科学者などと一緒にのっています。もしよろしければご覧ください。

★重版決定! 山本潤一のメンタルヘルス新刊本。皆さま、ありがとうございまます。↓

 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」 著者・山本潤一 出版社・秀和システム

リーマンショックのあおりで、仕事をすべて失い、そのショックからうつ状態になった私が復活できた、誰もができるセルフセラピーテクニックを解説!

アマゾンで購入可能。

楽天ブックスはこちら。

<以下からブログ本文>

   弊社が行っている心理療法はどのようなものなのか、については、私と直接会ってお話をお聞きになった方やこのメルマガを購読されている方は、だいたいご理解されておられるかもしれません。

 しかし、某上場企業で3年半、初回うつ休職者の再発率が0%に貢献した心理療法とは、どのように行うものなのかを実感して体験したいと言う声が多くありますので、このたび7/13 AM10時半から新宿で脳科学セラピー体験会(場所は新宿)を行う事に致しました。先着順で締切ります。

■7/13(木)10時半~(60分)。プロセラピストによる、脳科学心理セラピー直接対面体験会。 参加料・5000円(税込) 

注)事前振り込みをお願いします。当日キャンセルの場合でも返金は致しかねますのでご了解ください、

 今後、月に1~2回のペースでこうした体験会は増やしていく予定ですが、今回は初回でもありますので限定1名様募集で開催します。

 この体験会は、以下のような方々にお勧めします。

・自社のメンタル社員に一度受けさせて効果を確認してみたい。

・自社のメンタル社員に受けさせる前に、メンタル担当である自分(=経営者、またはメンタル責任者など)が体験してみたい。

・自社のメンタル責任者(=経営者、人事部などの責任者)に説明するために自分が体験してみたい。

 など。

 特に、多くの企業では、薬飲ませて休職させているが、大した効果が見られない、と言う社員がたくさんおられます。または、復職しても何度も繰り返すとか、復職しても調子がいまいちとか、そういった社員を抱えておられる企業様に、お勧めしたいと思います。

 早いもの順ですので是帆ともご検討を。7/13日以降の体験会も日程か固まり次第、順次ご案内いたします。

■7/13(木)10時半~(60分)。プロセラピストによる、脳科学心理セラピー直接対面体験会。 参加料・5000円(税込) 

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社が行っている心理療法は、厚労省のンタルへルスHP「こころの耳」では、ヘルスカウンセリングと紹介され、数ある心理療法の中で、唯一”メンタルヘルスカウンセリングを行うカウンセリング”と書かれているものです。

 健康心理学に基づく「社員のあるがままの自分を生かす働き方を引き出す、面談、ラインケアスキル、セルフケアスキル習得教育、個人カウンセリング、、またはヘルスカウンセラー育成教育、に関心持っていただける方は、以下からお問い合わせください。

既存のメンタル対策と組み合わせ、某上場企業では3年半、初回うつ休職者の再発0%の結果に貢献しました。

詳しく知りたい方は、下記お問合せフォームから資料請求をどうぞ。

2017/07/06

企業メンタルご担当者様向け情報「キャリアの悩みが、うつ、メンタル不調を作っているとわかると解決できる」

★7/5(水) 14時~16時。東京商工会議所(台東支部)主催セミナーで山本が講演します。詳細は以下のHPを。

テーマ→「経営者のためのメンタルヘルス対座講座」

★7/27(木) 14時~16時。東京商工会議所(北支部)主催セミナーで山本が講演します。詳細は以下のHPを。

テーマ→「ストレスを上手にコントロールして売上を上げる。経営視点のメンタル対策」

★20年のお付き合いがある超ベストセラー作家・本田健さんが、彼が今やっているネットラジオ番組(ポッドキャスト)「Dear Ken」で、私の新刊本「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」を紹介してくださいました。ご興味あったら以下からお聞きいただけます。

下記URLから音源を聴いていただけます。
32分50秒〜34分20秒あたりで健が本の紹介をしています^^
「本田健 Dear Ken Vol.332」
 

*私の新刊本を読んだ、「プレジデント」というビジネス月刊誌の取材を受け,11/28発売号に掲載されました。P34に「嫉妬・スマホ・睡眠の脳科学」ということで、精神科医、脳生理学者、脳科学者などと一緒にのっています。もしよろしければご覧ください。

★山本潤一のメンタルヘルス新刊本9/16発売! 

 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」 著者・山本潤一 出版社・秀和システム

リーマンショックのあおりで、仕事をすべて失い、そのショックからうつ状態になった私が復活できた、誰もができるセルフセラピーテクニックを解説!

アマゾンでも予約受け付け可能になりました。

楽天ブックスはこちら。

<以下からブログ本文>

 ストレスチェックを実施した企業の方はお分かりと思いますが、医師面談を受けた方はほとんどいなかったのではないかと思います。

弊社がストレスチェックをご提供した企業様でも、2000名の社員がいる企業でも医師面談希望者は0人でした。

なぜ、こんなことが起きたのか、弊社は何社かの企業の社員に聞き取り調査をして調べたことろ、以下のようなことがわかりました。それは、

・高ストレス者の人々が何に悩ん出でいるのかというと、ほとんどが仕事のことで悩んでいる、と言うことです。

たとえば、「与えられた目標の達成方法がわからない」「仕事に感じる空しさを切り替える方法がわからない」「上司・部下とどう付き合ったらよいかわからない」

「働き甲斐を高める方法がわからない」「自分に自信をもって進んでいけない」など。

つまり彼らは、自分は病気だとは思っていないのと、医師面談を受けるということは「病気と言う枠組みの中で処理される」ということ

このメルマガを読んでいるあなたが、もしストレスチェックを受けたとして高ストレスと判定されて医師面談を受けますか?ということを考えてみるとわかるのではないでしょうか。

医師とは、ストレスを「病気と言う範疇で捉える人」と言うのが私たち一般国民の認識ですが、わざわざ病気であると言われに行きたくない、というのはよくわかる話ではないでしょうか。

これは、お医者さんが悪いと言っているのではありません。

私たち国民側が、医師をそう認識している、という事が作り出しているという事ではないかと思います。

ということは、うつ、メンタル不調の予防を効果的に対処したいのであれば、弊社としては次のことを考えることを、経営者やメンタルご担当者様にご提案します。

かなり多くの高ストレス者は、仕事のことで悩んでいます。

ほとんどが、「仕事をどうしていいかわからない」「自信を持って仕事に取り組めない」ことで悩んでいるのです。

「自分は病気だと認識していないこれらの人々」に、医師面談を進めても誰も受けないだろうと思います。

多くの人は仕事で悩んでいるのだから、目標を達成する仕事のスキルを教えてあげること、人間関係の悩みを解決する方法を提示してあげること、

自分の働き甲斐を高める方法を教えてあげること。

そして、同時に症状が重くて疲れ果てている人には、医師をすすめればうまくいくのではないでしょうか。

つまり、これは「仕事についの悩み解決法を教え導く人」、つまりメンターが必要であるという事を意味していると思います。

奇しくも、政府は今、企業に「メンター制度」を導入することを提唱しています。

つまり、何かあれば相談してアドバイスを得られる専門家を持つことです。

もちろん、これらのアドバイスして仕事に生かしていこうという人々は、意欲がある人です。中には、疲れ果ててしまって意欲がない人、または

もう今の仕事にあきらめてしまっている人もいることでしょう。その場合は、メンターのアドバイスが効果を出さないので、その場合は、弊社としては医師のアドバイスを受けることをお勧めします。

せっかくお金をかけたストレスチェックを無駄にしないために、こうした考え方で生かしませんか? と言うのが弊社の提案です。

社員の業務達成力を向上させることにつながりますので、他社ではモティベーション向上、生産性向上、働き方改革、コストダウン、時短、そして、離職率低下につながっております。

1000人規模の某企業では、離職率が15%低下しました。そんなふうに、ストレスチェックの高ストレス者に対してキャリアの視点で対策していきませんか?

 高ストレス者のストレスを低減させる、キャリアメンターについてご興味ある方は資料をご請求ください。他社成功導入事例等をご説明します。

追伸

 以下の内容はご参考までです。

私はメンタルヘルス法務主任者と言う資格を持っていますが、先日、この資格更新のために法務主任者のセミナーに行ってきました。

このセミナーには、メンタルヘルスについての法律周りのことを勉強しようという、法律学者、弁護士、社労士、精神科医、産業医、人事担当者、カウンセラー、キャリアコンサルタントなど様々な方々が集まります。

この中で、法律学者と某県医師会の理事を務める産業医の方に、私の考え方に対する意見を求めてみました。

返ってきた意見を以下のようなものです。

・↓某大学法学部教授(この方はストレスチェック制度の創設にもかかわった方です)

「ストレスチェック制度の創設の趣旨には、本来社員に仕事を好きになってもらおうという趣旨が読み取れる。この意味合いから言うと、山本さんの考え方は十分にストレスチェック制度の趣旨にかなっていると考えます。

ストレスチェック制度が当面の病的なメンタル面の意味合いが強くなっているというのは、まずは制度の設立を達成するということがあるのではと思う。制度の趣旨から言って、山本さんの考え方は十分かなっていると思うし、ストレスチェック制度の中身は、だんだんそういう方向に進んでいくだろうと思う」

・↓某県医師会理事を務める某産業医の意見

「たぶん医師たちの中には、反発する人も出てくるでしょうが、仕事のストレスと言うことを考えた場合、キャリアメンター的な対応と言うのはごく自然な流れだと思います。

また、そういうものがなければ、メンタルの問題が何でも医療だけで解決できるかと言うことについては無理があるだろうと思う。今後、理解ある意思を求めて交流を図るとよいのではないか」とのことで、心強い思いをしました。

  高ストレス者のストレスを低減させる、キャリアメンターについてご興味ある方は資料をご請求ください。他社成功導入事例等をご説明します。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社が行っている心理療法は、厚労省のンタルへルスHP「こころの耳」では、ヘルスカウンセリングと紹介され、数ある心理療法の中で、唯一”メンタルヘルスカウンセリングを行うカウンセリング”と書かれているものです。

 健康心理学に基づく「社員のあるがままの自分を生かす働き方を引き出す、面談、ラインケアスキル、セルフケアスキル習得教育、個人カウンセリング、、またはヘルスカウンセラー育成教育、に関心持っていただける方は、以下からお問い合わせください。

既存のメンタル対策と組み合わせ、某上場企業では3年半、初回うつ休職者の再発0%の結果に貢献しました。

詳しく知りたい方は、下記お問合せフォームから資料請求をどうぞ。

2017/06/25

個人セラピーご案内はこちら

無料心理テスト

予防・克服メンタルトレーニングお問合せ・お申込み

うつ病の原因を科学的に解明

講演会・研修・執筆についてうつ病の予防と対策を分かりやすく解説いたします。

日本メンタル再生研究所

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご使用ください。